RSSリーダーで購読する
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アビリティブラスト

さまざまなTCGを扱っていきたいブログです。

脱初心者への第一歩! 要求値の基本

みなさんおはようございます

管理人のシロです!

 

今回はこのブログを始めた目的である

初心者の方への記事です。

そのためわかりやすい記事を心がけて書きますがご不明な点がありましたらご指摘ください。

 

今回のプレイングの知識はヴァンガードの基本の基本

要求値です

 

要求値とは、損をしないためのアタックです。

 

ヴァンガードはガードするときに

5000刻みでガード値が変わります

トリガーのパワーアップ値は5000

ガード値は5000と10000の2つです。

このことを理解していると相手により多くのガード値をださせることができます。

 

相手ヴァンガードのパワーを11000とした場合

 

11000~15000のパワーでアタックすると 

相手は5000ガードで守れます。

 

16000~20000のパワーでアタックすると

相手は10000ガードで守れます。

 

21000~25000のパワーでアタックすると

相手は15000ガードで守れます。

 

このガード値の境目である

16000

21000

このパワーラインを作ることがヴァンガードの基本になります。

 

初心者のかたに多いのはこのラインを理解していないための

スキルによるパワーの上昇を考慮せずのリアガードのパワーライン調整

 

先日の宝石騎士のデッキを例にパワーラインについて説明します。

f:id:abilityblust:20141022000242j:plain

写真のパワーラインでは相手のヴァンガードを11000とすると

 

すべてのラインが10000要求のラインになっています。

手札に7000ブーストがいるときに

ティファニーのスキルを使って21000のラインを2つ作れます。

 

ドリーミング・ジュエルナイト ティファニー
ノーマルユニット 〈0〉 (ブースト)
ロイヤルパラディン - エルフ パワー5000 / シールド10000 / 1
【自】:先駆(同じクランのユニットにライドされた時、(R)にコールできる)
【起】【(R)】:[このユニットをソウルに置く] 他のあなたのカード名に「宝石騎士」を含むリアガードを2枚まで選び、そのターン中、パワー+3000。

 

ティファニーのスキルで

V裏のリアガード さばるみー

ミランダに+3000をします

ミランダはヴァンガードがアシュレイだとパワー+2000です

そのあとティファにーがいたサークルに7000ブースとのユニットを置くと

 

ヴァンガード 

アシュレイЯ+さばるみー+ティファニーのスキル 

11000+7000+3000=21000

 

リアガード

ミランダ +ミランダのスキル+さばるみー+ティファニーのスキル

9000+2000+7000+3000=21000

 

となります

f:id:abilityblust:20141022001525j:plain

 

この要求値を理解することが脱初心者への第一歩になります。

初心者の方でよく

トリガーのせいで負けたと言っている方がいるのですが

自分の負けた理由をまずトリガーのせいにしてしまうと

このゲームは強くなれません。

要求値での損がなく

お互いにプレイングにミスがなかった場合に

初めてトリガーのせいで負けたと言えるのです。

 

あくまで私の考えなので的外れかもしれませんが

ヴァンガードで勝つための要素の比率は

構築5

プレイング4

運1

自分の努力で勝利のための9割の要素をとれると思いますので

こんな記事をこれからも書いてより多くの人がヴァンガードを楽しめたらいいなと

壮大なこと考えてこのブログを続けていきます!