RSSリーダーで購読する
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アビリティブラスト

さまざまなTCGを扱っていきたいブログです。

クロノジェット・ドラゴンの考察から見るギアクロニクルの新たなスキル

こんばんわ

管理人のシロです。

 

ツイッターとの連動企画は今週の金曜日

10/31まで応募しておりますのでもしよろしければご参加ください!

トライアルデッキプレゼント☆ツイッター連動企画! - アビリティブラスト

 

コメントやツイッターでいつも読んでいますなどの

皆様の応援が私のモチベーションになっております。

本当にありがとうございます。

 

 

それでは本題へ行きましょう!

 

今回の記事はこいつ

f:id:abilityblust:20141028221924p:plain

 

新たな先導者 新導クロノのキーカード

 

クロノジェット・ドラゴンを考察します。

 

こいつのスキルは

・GB2で+5000とG1以上のガーディアンをコールできない

・超越したときにCB1で相手のリアガードを1枚デッキの下に送る

 

とりあえず一言……

 

ソウルは使わないの?

クロノジェットドラゴンというか5期のスキルを予測してみた - アビリティブラスト

 

前に予想したスキルとかすりもしませんでしたね(笑)

 

ジェネレーションブレイク

超越時スキル

この2つは当たってましたね。

 

公式の説明では相手ガーディアンの動きを “止める” 能力や、相手リアガードをコール前の山札に “戻す” 能力

とあり

 

この止めるがガード制限能力ならば

ギアクロニクルのクラン特性がガード制限ということになります。

クロノジェットのG1

他のユニットでG0を制限して

相手にどのガード札を残すかを惑わすことができそう。

ただガード制限ばかりがくるとあまり楽しいとはいえないかなと個人的には思ってます。

 

次に戻す能力ですね。

単純に相手の場のカードを除去できる、1アドをとれるスキルです。

退却との相違点は

・相手のカードがドロップゾーンに行かない

デッキの下に置くのでトリガー率を下げるわけでもなく

 

シークメイトのコストにできない

 

グランブルーのドロップからのコールができない

 

ジェネシスのソウルチャージができない

 

このくらいしか利点がないですね。

 

ガード制限の考察

 

GB2というのは少なくとも2回、超越しなければいけません。

 

他のブログ様ではタイミングが遅いや、その頃には終わってるとの意見もありました。

 

ですがこの能力☆が増えもしなければ、ヒット時に1ドロー効果もありません。

 

最速で狙うスキルではないので発動の遅さは気にならないです。

 

このスキルの捉え方は

 

クロノジェットのスキルを使うために超越するのではなく

 

超越ができないときも戦えるスキルととらえることです

 

超越は手札からG3以上になるようにカードを捨てて超越します。

 

手札が5枚でツインドライブをすると手札は7枚

 

手札が5枚でG3一枚で超越すると手札は4枚

トリプルドライブで手札は7枚となり

 

超越のコストが1枚以上だと手札が減ってしまうので

 

超越したくないときでも戦えるスキルと言えると思います。

 

戻すスキルの考察

 

このスキルのみだと正直あまり強いとは言えないです。

 

退却との差は上に書いたとおりで

 

単純に超越という限られたタイミングでの除去

 

今の時代ならまあ普通かなという感想です。

 

ただこのスキルからギアクロニクルの新たなスキルが浮かびました。

 

戻すから読み取る新たなスキル

 

もう一度公式の説明

 

《ギアクロニクル》のユニットたちは、時間を操る能力を持つ。相手ガーディアンの動きを “止める” 能力や、相手リアガードをコール前の山札に “戻す” 能力などが存在するぞ。

 

など!!!

 

つまり

 

止める 戻す以外のスキルがある!

 

時間を止めて戻せるのだから

 

進めることもできるはず

 

コールされる前の状態に戻すなら

 

コール状態に進めることもできるはず

 

相手のデッキからコールじゃ何もメリットないので(笑)

 

おそらく相手の手札から強制コールさせれるんじゃないでしょうか?

 

テキスト例は

 

あなたのヴァンガードが超越したとき相手は手札からカードを一枚選びリアガードにコールする。

 

 

このスキルならクロノジェットの戻すスキルとシナジーがありますよね!

 

例として

クロノジェットから超越する

超越時に相手は手札からリアガードへコール

クロノジェットのスキルで相手のリアガードをデッキへ戻す

 

 

これならクロノジェットのスキルを使わなくても

相手の手札を一枚減らせます。

 

まとめ

トライアルのカードとしては悪くないカードだと思います!

 

ただこのカード単体で運用するには今一つ足りない気がします。

 

私が予想した時間を進めるスキルなど超越に反応するリアガード次第で化けるとおもいます。

 

続報を待ちましょう☆

 

ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

スキル当たらないかなー