RSSリーダーで購読する

アビリティブラスト

さまざまなTCGを扱っていきたいブログです。

脱初心者への第五歩! ハンド把握

こんにちは

プレイング記事を書いているときは

かつての権利戦を思い出しながら書いてます。

管理人のシロです!


今回は久しぶりの脱初心者記事の第5回です。

これができる人とできない人では強さに圧倒的な差がでます。


今回のテーマはハンド把握です。

ヴァンガードは相手の手札を削っていくゲームです。

相手の手札の内容が判ればより効率的に手札を削ったり

相手のアタッカーを削ったりと

状況に応じて適切なアタックができます!

それでハンドを把握する方法ですが

ヴァンガードには毎ターン公開情報がでます。


ヴァンガードがアタックしたときのドライブチェックです。


このドライブを記憶するとターンを重ねるごとに相手のハンドの中が見えてきます。


相手がガードに使用するカードも見てください

そのガードがさっきドライブで見えたカードでなければ

相手は自分が知らない手札のカードを使ってガードしてくれたことになります。


とはいえいきなり全てのドライブと相手のガード札の把握などは難しいので

まずは完全ガードが入ったとか

相手はG3を何枚持ってるか位でいいと思います。


トリガーの回数を覚えると相手は10000ガードを何枚持ってるかなどもわかります。


まずは自分の中で覚えるべきカードを決めてから

ハンドの把握の練習をしましょう。


ぶっちゃけハンドの把握できれば

初心者でもなんでもないです。


やりなれた人でもハンド把握できてなかったりするので


本当に強くなりたい人は上にいくためにはハンド把握は必須だと思います。


楽しむためだけにファイトするなら

相手が完全ガード持ってるかどうかだけで十分ですので

自分に合ったプレイングをしましょう(*^^*)


要求値とハンド把握

この2つができるようになれば

脱初心者です!

もっといろいろありますが

ひとまず始めたばかりの人が覚えた方がいいかなというのは書いたとオモウノデ

もう一度自分の頭の中を整理して

必要だと思えばプレイング記事を書きたいと思います。