RSSリーダーで購読する

アビリティブラスト

さまざまなTCGを扱っていきたいブログです。

talk:テクニカルブースター収録クラン感想

こんにちは

クロジ今日発売日らしいです!

管理人のシロです。



テクニカルブースター発売されて

そろそろ構築も固まってきたかなという頃合い

スパイク

ぬばたま

たちかぜ

上記3つのクランの感想を書いていきたいと思います。


その前にテクニカルブースターそのものについての感想から


正直にいうとこんなにシングル高くなるとは思わなかったです(笑)


メインクランではないクランのみなのに

ここまでの価格と使用者を産んだのは

やはり強化が現環境に届くものだったからですね!

どのクランも環境クランと戦えるので

完全なハズレもなく

強いて言えばやはりGRの値段と言ったところでしょうか。


それぞれの強みなんかもしっかりしてるので

何かデッキ増やしたいなと思った時に
組みやすい立ち位置のデッキになったと思います。



・スパイク


今回僕が一番推してるクランです。

理不尽な要求値を相手に連続でぶつけて

初回超越にて倒します。

昔からバッドエンドオーグルのように止められない動きはあったものの

その安定感の無さに(パーツを引っ張れなかった)当たると地雷なんて言い方されてきました。


最近の強化で


・連パンサポート

・バッドエンドサーチ

・グッドエンドドラッカー

が貰えて

15000要求以上のアタックを

コストがあれば平均4パン以上できる。

それを可能にする超越と

そのハーツをサーチできるカードがある


相手を倒す手段を増やしたのに

そこに持って行くまでの動きも追加されました。

バッドエンド乗れなかったとしても

ライジングノヴァでも代用の動きもでき

昔のような単なる地雷ではなくなっています。

ゲームを重ねていく内に
ヒール不要
完ガ不要
という結論になり

現環境でも十分戦えると思います。


相手にしたときは

初回超越される前に殺すか

初回超越を耐えきった返しで倒せます。

価格も安く組めるので

デッキ増やしたい方へは僕はスパイクをおすすめします。


・たちかぜ

超越における強さが凄い


友人のたちかぜを使わせてもらい

対戦したときの感想です。


相手にすると

グルグルまわり

連パンしてくるは退却させられてドローされるわと

超越した時の強さが魅力になると思います。

GB2以降は手札減らさないタイプのアビス型のVスタンドを持つなど

超越してしまえばペースを握れるといった印象。

逆に言うとGB系頼りだと序盤が弱く

グラトニードグマまでいかずに倒すこともしばしば

序盤をいかに戦えるか

序盤でも動けるのなら

超越が強いこのデッキは更に上にいくと思います。


僕がたちかぜ知らないのもありますが

スパイクみたいにこれっていう構築が決まってないようなので

未知の構築の中に環境を食える構築が眠っているかもしれません!

動きも面白いし

そんなにカードも高くないので

スパイクの次に推してます。


・ぬばたま

今回一番高いです(^-^;)


残影というスキルは強いのですが

・タマハガネ、フウキなどに頼らざるを得ない

・バインドしても除去できない

上二点が使っててきついと感じた点です。


残影が有効なのは序盤の速攻時で

そのタイミングでタマハガネは引いておかないといけません。

正直残影できないタイミングや

残影自体無いこともしばしば

残影に寄せるよりも

バインド除去とハンデスに寄せた方が個人的には強いかなと感じています。

しかしGRのツクモラカン

値段もそこそこしますが

どんな劣勢もワンチャン逆転することが可能なこのカードはとても強いです。

値段の割にという感じはありますが

ハンデスという強力な動きを可能なこと

速攻性も持ち合わせてるということで

構築次第でさらに上を行けるかなと思ってます。


ノキエルを倒せるのは評価高いです(*^^*)




以上簡単ではありますがテクニカルブースターの感想になります。

刃華超克でも獣神などが気になりますし

次の弾でも色々なデッキが増えそうですね(*^^*)